デリヘル・ソープ

鹿児島 > 1件 甲突町とは
甲突町(こうつきちょう)は、鹿児島市の中央部、JR鹿児島駅の南方に存在する風俗街。甲突川に沿って数件のソープランド店やラブホテルが建ち並んでいる。
<場所>
鹿児島県鹿児島市甲突町付近


<アクセス>
電車 :JR鹿児島本線鹿児島中央駅下車、タクシーで約5分

薩摩の国のソープ街
鹿児島市内で唯一のソープ街にして、血気盛んな?薩摩隼人の性欲を受け止める楽園…

そんな風に書けば、独特な文化と風習を持っていそうな鹿児島。さぞや凄い野性味に溢れたご当地流なんだろう。

なーんて想像してしまいますが、皆さんどう思われますか?

日本各地の風俗街をご紹介するこのシリーズ。今回は鹿児島市の甲突町(こうつきちょう)にスポットを当てて見たいと思います。

甲突町、ソープ街誕生の経緯
甲突町、その名の由来は鹿児島市内を南北に貫く甲突川に由来します。

元々、この甲突町があった地域は、現在のように市街地では無く、川沿いに塩田や田畑が広がる城下町の周縁部であったそうです。
(ここら辺は資料によって見解が分かれるので曖昧ですが…以下は色々な資料を見た上での推測含み)

この甲突川沿いには江戸期より沖之村(おっのむら)遊郭と言う遊里が元々存在していました。(資料によっては明治期正式設置とも)まあ、地理的に見て渡しや船着場があって、遊女が自然発生的に集まった結果、だと思われます。

1889年、現在の鹿児島駅辺りにあった築地遊郭と呼ばれた公許の遊郭が駅の建設計画によりこの地に移転する事になりました。
元々あった沖之村遊郭と統合して「常盤遊郭」と呼ばれ、さらに発展します。

やがて、この遊郭は鹿児島市内随一の遊里となり、戦後まで存続。売春防止法の施行の際には約600軒の店舗があったとされています。

現在、甲突町は鹿児島市内唯一のソープランド店が営業許可地域とされています。
営業を続けるのは4店舗ほど。

少し寂しいですが、今でも残っているのは長く続いて欲しいですね。

鹿児島市内で抜くとしたら?
鹿児島は風俗への規制が厳しいことで有名です。前項でソープ店が僅か数店舗の営業と記載したように、店舗型風俗店への締め付けは厳しくて、遊ぼうと思えばメインはデリヘル系。

ただ、鹿児島まで来て、デリヘルとは・・・なんて、と思う方にお勧めなのはやっぱりソープ店。
数少ない鹿児島ソープ店の様子をご紹介したいと思います。

まずその料金から。
4店舗とも大体同じで、60分で総額が約20,000円?26,000円程度。

ムムム…なかなかお得な感じです。
それに、各店舗横並びと言うことは…競争が激しい?

と、言うことでお店の様子をチェックしますと、どうでしょう。

嬢についてはギャルっぽいのから清楚そうなのも居て良さそうな感じもしますが…
(お顔にモザイクがかかっています…)

特に、サービス面では鹿児島だからといって特別に変わった事は無さそうです。オーソドックスな内容です。

ただ、わざわざ現地まで行って、イク価値があるかと言うとどうでしょうか。
機会があれば是非、体験して頂きたいと思います。

その他)
今回ご紹介した甲突町は九州最南端のソープ街かと思っていたのですが…

見ると他にも1軒ありました。

砂むし温泉で有名な指宿温泉にある「秘宴」さん。

何故ここに?と思って鹿児島県の風営法関連の条例を調べてみますとしっかり指宿も対象地。しかも、お店のHP見ると、おお・・・

この僻地(と言ったら怒られますが)で働く事になった女性達の事情も気になりますが、なかなかのレベルにちょっと驚き。